学校法人神宮学院 認定こども園 親松幼稚園 - 親松幼稚園の特徴1


親松幼稚園のコンセプト

親松幼稚園ってどんな幼稚園

  1. 幼児が遊びの中で主体性を発揮し、生きる力の基礎を培う
  2. 幼稚園と家庭が連携し、一人一人の育ちを促す
  3. 家庭で体験できない新たな世界と出会い、幼児の自立に向けた基盤を 育成するという役割を担っているところが幼稚園です。当園では、一人一人の子ども達が生き生きと活動できるように三園の教育目標 をうけて、次のことを保育者の願いとして保育にあたっています。保育者との信頼関係を基盤とし、子ども同士や保育者などと温かい触れ合いのなかで、自己を十分発挿して伸び伸びと元気に遊んでほしいと思います。
  4. 身近な小動物、植物の世話、又、小さな子どものお世話をすることで、友達の喜びや、悲しみを共感する心が育ってくれることを願っています。また、私たちは一人一人の子どもの興味関心を大切にし、きめ細かな保育を心がけています。
  5. そのために園だよりやクラスだよりを通し、幼稚園での様子をお知らせし家庭との連携に努めています。
  6. 年少組(3歳児)は二人の担任が一人一人の子どもとかかわりながら活動を行っています。2人いることで一人の子どもをいろいろな側面から見ることができ、信頼関係がより深まっていきます。
  7. 満3歳児(2歳児)は家庭的な雰囲気のなかで安心して過ごせるようにと考えています。3人の保育者が保育にあたっています。

    親松幼稚園でこれらの願いをどのような内容で育んでいるのでしょうか。次にご紹介したいと思います。特徴2のページへ→

親松幼稚園ってどんな幼稚園

  • 月曜〜金曜→午後保育
  • 預かり保育(ポケットクラブ)もあります
  • 土曜日は預かり保育(ポケットクラブ)です
  • 第3水曜日→午前保育(研修会の為)